【香港渡航不要】HSBC口座の解約&残金送金サポート

今回「もうHSBC口座は不要かもしれない」とお考えの方のためにサポート企画のお知らせです。

わざわざ香港に渡航して口座ができるかどうかドキドキしながら手続きに望み、無事に口座ができたと喜んだあのときが今では懐かしいですね。あれから長い年月HSBC口座の出番が来ることもなく、インターネットバンキングにログインすることなく、セキュリティデバイスも気づけばどこかに消えて、もうどうでもいいと思いつつも喉のどこかに詰まっているような感じではないでしょうか?

口座の中のお金について、長年眠ってたと思いますので今すぐ必要なお金ではないと思いますが、ずっと眠らせておくのは可愛そうなので日本に戻して有効活用してあげましょう。

海外積立投資をされている方

口座開設当初、『海外積立投資の受け皿として口座開設しましょう』とアドバイスをいただいた方もいるかと思います。昔は香港の運用に対する租税優遇措置を使って香港で資金を受け取るということが一般的でしたが、現在は色々と税制が厳しくなってきておりますので、受け皿として保有し続けるメリットがかなり薄くなってきております。。香港で受け取っても日本で受け取っても、日本居住者である限り増えた分に対しては税金のお支払いは必要となります。

※元本割れしている場合は申告の必要はありません。

海外積立投資の満期(解約)金は日本で直接お受け取りいただけますので、もし海外投資の為に仕方なく口座を維持しているという方がいらっしゃいましたら、これを機に海外口座を整理しても良いかもしれません。

HSBC口座を保有するメリット

  1. 日本国外で外貨を保有できる
  2. 口座維持手数料無料(HSBC One口座の場合
  3. 証券口座で香港の株式を直接購入できる
  4. 両替、国内外送金が自由自在
  5. 格付けの高い銀行で資産保全できる
  6. 多通貨を一元管理できる
  7. 書類郵送先を世界中指定できる
  8. 口座にあるお金を世界中のATMで現地通貨で引き出せる

香港や諸外国にビジネスや旅行で渡航されることが多い方や、資産を日本以外で保有されたい方、香港の株式を購入されたい方はそのまま口座を維持された方が良いです。最近はWiseというサービスをご利用いただくと格安で海外送金することができますのでオススメです。

HSBC口座を保有するデメリット

  1. 節税効果は特に無い
  2. 2年間利用しなかったら口座が凍結する
  3. 全て日本語に対応していない
  4. 海外旅行時に役立つが日本のクレジットカードで代用できる。
  5. カード紛失や不正利用された際の緊急時に日本語で問い合わせできない
  6. 香港国外で利用される場合はインターネットバンキングを活用しなければいけない
  7. インターネットバンキングの使い方が変わることがある
  8. 香港だからといって普通預金の利回りが高いことはない

一番のポイントとしては言語の壁です。ネットバンキングを自在に利用することができれば多くのメリットを感じていただけますが、日々アップデートされるネットバンキングに自身が順応していかなければいけませんので英語や中国語ができない方にとってはストレスだけ残る結果になってしまうと思います。

HSBC口座の解約&残金送金サポート

上記のメリットとデメリットをご確認いただき、ご自身の場合はどうなのか?ということをお考えになられましたら自ずと今後の方針について見えてくると思います。ご解約をご希望される方は、LINEでお問い合わせいただけましたら、詳細についてご案内させていただきます。※口座が凍結している場合は、先に凍結解除しなければいけません。まずはお気軽にご相談ください。

友だち追加

よくあるご質問

A. お手続き可能です。

A. お手続き可能です。

A. 基本的に着金可能です。

A. 書類を日本から香港に郵送してから1ヶ月ほどで着金します。

A. 着金銀行によって異なりますが、1万円弱です。

A. LINEでお気軽にお問い合わせください。

友だち追加


いかがでしたでしょうか?HSBC口座にただ資金を寝かせおいて放置している場合は、資金を引き上げて日本でNISAなどを活用して非課税で投資するというのも一つの手段かもしれませんね。「口座を残して資金だけ引き上げたい」などリクエストがございましたら、ご希望に応じてお手伝いさせていただきますのでお気軽にお問い合わせください。

お困りの際はLINEでお気軽にご連絡ください(^^♪

友だち追加