HSBC香港 半永久的に口座を凍結させない仕組みの作り方

HSBC口座で一番困る問題のダントツトップとして「口座凍結」があげられますが、以前の記事を書いている際に半永久的に口座を凍結させない方法を見つけましたので、今回はその仕組の作り方について紹介いたします。この作業を行うことにより、何もしなくても口座が凍結することなく維持することが可能となります。

HSBC口座は、過去24ヶ月間、お金の動きがない口座が凍結の対象となります。残高照会だけでは凍結を回避できませんのでご注意ください。

口座が凍結してしまうと、資金を動かす作業やATMカードによる引き出しに制限がかかる為、非常に不便な状況となってしまいますが、口座開設をされた多く方が口座を利用することなく放置されており、口座が凍結してしまっている状況にあるようです。

有料サービスを利用して凍結解除したとしても、特に口座を活用することは今まで通り無いと思いますので再度凍結となってしまう危険性が出てまいります。

こうなるともう面倒なのでHSBC口座の必要性について考えるようになってしまいますよね。しかし、凍結解除後に何もしなくても口座を維持できるということでしたらいかがでしょうか?

半永久的に口座を凍結させない方法

半永久的に口座を凍結させない仕組みの軸は定期預金となります。なぜ定期預金することで口座凍結を半永久的に防止することができるかというと・・・

口座凍結の定義は「お金の動きがない口座」ということですが、定期預金で配当を定期的に受け取る設定としましたら、少額ですがお金が口座に着金し続けますので、凍結しないのでは?と考えました。実際に可能なのかHSBCにチャットで確認しましたところ、定期預金の配当金を受け取り続けることで半永久的に凍結防止することができるようです。

HSBCとのチャット内容(一部抜粋)

※対象は12桁の口座番号の口座のみとのことなのでお気をつけください。

それでは、定期預金で定期的に配当を受け取る設定方法について紹介します。※定期預金の配当は雀の涙なので資産運用としてはご期待されないようにご注意ください。

定期預金の設定方法

1.インターネットバンキングにログイン

2."My Banking"の"Place time deposit"をクリック

3.送金フォームの入力して"Next"をクリック

  1. 定期預金の期間は、現在のレートですと1ヶ月以上にしないと利息を受取ることができません。
  2. 最低10,000香港ドル以上の送金が必要です。
  3. 定期預金期間中は引き出しできませんのでご利用の予定がある資金は入れないようにしてください。

4.Step3で"Renew"を選択してNextをクリック

5.定期預金満期後の更新設定内容を入力して"Go"をクリック

この設定であれば、定期終了後に利息のみHKD Savingsで受け取り、元本を再度、1ヶ月間定期に入れるスケジュールとなります。

6.確認して問題なければ"Confirm"をクリック

この例ですと、毎月0.09香港ドルを受け取ることができますので、口座の凍結を半永久的に回避し続けることができます。


いかがでしたでしょうか?定期預金で受け取れる利息はかなり薄いですが、これで口座凍結の心配はなくなりますね(^^) 口座に1万香港ドル以上の預け入れがあって、2年間に一度以上の資金移動が面倒という方は、是非この仕組にトライしてみてください。

お困りの際はLINEでお気軽にご連絡ください(^^♪

友だち追加