HSBC香港 モバイルセキュリティキー移行の罠(有効化について)

最近、セキュリティデバイス電池切れでどうしたらいいか?というご質問を多くいただいております。一部例外を除き、2020年4月よりセキュリティデバイスの新規発行ができなくなっておりますので、インターネットバンキングからモバイルセキュリティキーに移行するしか解決する方法が無くなっております。

セキュリティデバイスと同様にスマートフォンのアプリでセキュリティコードを発行することができる機能のことです。

モバイルセキュリティキーに移行することで今まで通りにHSBCネットバンキングを利用できると思っておりましたが、最近モバイルセキュリティキーに移行された方よりお問い合わせがあり、大きな罠がもう一つ潜んでいることが発覚しました。

モバイルセキュリティキー移行の罠の詳細

罠の対象者

2021年6月13日以降に下記のいずれかの動作をした人

  1. しくモバイルセキュリティキーを設定した。
  2. セキュリティデバイスからモバイルセキュリティキーに移行した。
  3. モバイルセキュリティキーを古いデバイスから新しいデバイスに切り替えた。

とにかく、2021年6月13日以降にモバイルセキュリティキーを設定した人ということですね。

罠の詳細

下記のお手続きができない状態となります。

  • 未登録の第三者(国内および海外)への送金
  • 新しい受取人の追加
  • 小額の支払い限度額の引き上げ
  • HSBCHKアプリ/オンラインバンキングの未登録の口座振替限度額の引き上げ
  • QRコード送金
  • アプリ間送金

登録している人しか送金できず、未登録口座への送金ができないということですね(^_^;)これは大変です、、、

罠の影響を受けない取引

  • 登録された受取人に送金する
  • 自分名義の口座(HSBCクレジットカードを含む)に送金する

口座凍結回避の為などに資金移動したり、通貨を両替したりするのには問題無さそうですね。

問題解消方法

  • HSBCHKのATMでお手続き
  • HSBCホットラインに電話する

日本居住者はHSBCに電話するの一択になってしまいそうですね(~_~;)


いかがでしたでしょうか?モバイルセキュリティキーへの移行が完了して肩の荷がおり安心していた方もいらっしゃるかと思いますが、もうひと仕事あるようです。HSBCホットラインは広東語、英語、中国語のみとなっておりますが、ご不安な方がいらっしゃいましたらLINEにてご相談ください。

お困りの際はLINEでお気軽にご連絡ください(^^♪

友だち追加