HSBC セキュリティデバイス電池切れ問題解決方法まとめ

最近、「セキュリティデバイスが電池切れして動かなくなってしまった」というお問い合わせをよくいただきます。

セキュリティデバイスは個人情報の変更、送金限度額の変更、香港国外ATM出金限度額設定、第三者への送金、送金先登録、デビットカード注文、ATMカード暗証番号リセット、小切手注文、モバイルセキュリティキーへの移行手続きなど様々な場面で活用する重要なアイテムとなりますので、使えなくなると困りますよね・・・

セキュリティデバイス電池切れが急増している理由

なぜ今まで電池切れ問題が発生しなかったかというと、セキュリティデバイスは過去に3回、アップデートされており、新しいデバイスが強制的に口座保有者に郵送されているからです。新しく発送されたデバイスはもちろん電池満タンの状態なので電池切れする心配はありません。しかし、2014年頃に配布されたセキュリティデバイス(第3世代セキュリティデバイス)を最後に現時点まで新たなデバイスは配布されておりませんので電池の寿命がきてしまい、動かなくなるケースが急増しております。

工具を使ってセキュリティデバイスを分解して電池を交換するという手法もあるようなので、得意な方はチャレンジしてみてもいいと思いますが、公式的な方法ではありませんのであまりオススメできません。

セキュリティデバイスの歴史

セキュリティデバイスは今まで形、機能を変えてよりセキュアなデバイスへと進化してきました。

セキュリティデバイス第1世代

出典:HSBCHKホームページ

こちらは大昔から使われていた通称「ゴキブリ」のセキュリティデバイスです。機能はボタンを押すだけのワンタイムパスワード生成器です。私は2006年頃に口座開設したのですが、その時はまだこのタイプのデバイスでした。当時のインターネットバンキングには第2パスワードがなく、ログインする際の必須アイテムでした。

セキュリティデバイス第2世代

出典:HSBCHKホームページ

第1世代のセキュリティデバイスより形が変わり、カードタイプのデバイスになりました。第2世代のセキュリティデバイスは「小さな電卓のようなやつ」とみんな言っていましたね。ログイン時と第三者へ送金する時の操作方法が変わり、よりテクニカルでセキュアなデバイスへと進化しました。

セキュリティデバイス第3世代

出典:HSBCHKホームページ

今、電池切れで問題になっているセキュリティデバイスです。第2世代セキュリティデバイスとほぼ形は変わりませんが、緑ボタンに縦ラインが入っております。第2世代の機能に加え、セキュリティデバイスに暗証番号が搭載されてよりセキュアなデバイスへと進化しました。これがセキュリティデバイスの最終形態となります。

モバイルセキュリティキー

出典:HSBCHKホームページ

セキュリティデバイスがHSBCスマートフォンアプリの機能の一つとして生まれ変わりました。セキュリティデバイスの機能をスマートフォンアプリで完全に再現できるようになりました。これで電池切れの問題はなくなり、更にアップデートにおいて物理的な郵送など不要となりましたので、現在のセキュリティデバイス電池切れ問題が解決したら一時は落ち着くのではないかと思います。HSBCアプリはどんどん進化しておりできることが増えていっております。

セキュリティデバイスの新規発行の終了

セキュリティデバイスは特定条件を除き、2020年4月を持って新規発行が終了しました。特定条件というのはインターネットバンキングの第2パスワードを設定していない人です。特定条件に一致する方のみセキュリティデバイスを新規発行することができます。しかし、このサービスもいつか終了すると思われますので救済措置が取られている間にモバイルセキュリティキーに移行された方が良いと思います。

特定条件に当てはまる方

セキュリティデバイスを再発行できる特定条件

インターネットバンキングログイン時の第2パスワードを設定していない人

もしかしたら、自身では第2パスワードを設定していないと思っていても実は設定しているかもしれません。インターネットバンキングログイン時にユーザー名を入力した後にパスワード入力画面へと移行しますが、With 1.Select log on method(ログイン方法選択)でWithout Security Device / Mobile Security Keyを選択した時に下記の画面となった場合は、既に第2パスワード設定済みとなりますので特定条件には該当しないということになります。もしくは、ユーザー名が間違っています。

下記の画面が表示された場合は、特定条件に該当しますので、セキュリティデバイスの再発行が可能となります。

セキュリティデバイス電池切れ問題解決が大変な件

セキュリティデバイス電池切れ問題解決方法は、上記の特定条件の方はセキュリティデバイスの再発行手続きとなり、そうでない方はモバイルセキュリティキーへの移行手続きとなります。しかし、問題を解決する為にはいくつかハードルがあります。正直、一般日本人には酷なお手続きではないかと思います・・・。

特定条件に該当するのでセキュリティデバイスの再発行がしたい場合

お手続き前の事前チェック項目
  1. ATMカード暗証番号が分かるか?(フォンバンキングPINが分かるか?)
  2. 送付先住所が現住所と一致しているか?
  3. HSBC登録の携帯電話番号で現在もSMSを受信できるか?

まず、フォンバンキング経由で24時間営業のHSBCホットラインに電話をしてセキュリティデバイスを再発行したい旨を伝えます。※フォンバンキングを登録する為にはATMカード暗証番号が必要

過去の実績から推測すると2ヶ月ほどで送付先住所にセキュリティデバイスが到着しますので、再度HSBCに電話をしてセキュリティデバイスの有効化手続きが必要となります。もし、HSBC登録の住所から引っ越しされている場合は、先に住所変更手続きが必要となります。

特定条件に該当しない場合

この場合、セキュリティデバイスの再発行ができませんので、HSBCモバイルアプリ(モバイルセキュリティキー「MSK」)への移行が必要となります。MSKへ移行する際は、旧デバイスが必要となりますが、セキュリティデバイスが電池切れしている場合、通常の移行手続きを実施することができません。セキュリティデバイスが電池切れしている場合はのお手続き手順は下記の通りとなります。

お手続き前の事前チェック項目
  1. ATMカード暗証番号が分かるか?(フォンバンキングPINが分かるか?)
  2. HSBC登録のEメールアドレスを現在も確認できるか?
  3. HSBC登録の携帯電話番号で現在もSMSを受信できるか?

まず、フォンバンキング経由で24時間営業のHSBCホットラインに電話をしてインターネットバンキングからセキュリティーデバイスの登録情報を削除してもらいます。※フォンバンキングを登録する為にはATMカード暗証番号が必要

HSBCモバイルアプリ登録方法に関する記事はこちら

その後、HSBCモバイルアプリ(MSK)の登録が完了したら、MSKの有効化手続き(HSBCホットラインに電話)を行うことでMSKの全ての機能が有効となります。

インターネットバンキングにログインする際の第1パスワード、第2パスワードを忘れていたり、間違えすぎてロックされている方は先にこちらの問題を解決する必要があります。こちらの記事をご覧ください。

モバイルセキュリティキーの有効化に関する記事はこちら

問題解決にあたり、HSBCホットラインに電話しないといけないというのは一般の日本人ユーザーにとっては大変難しいお手続きになるのではないかと思います。

今後考えるべきポイント

そもそもHSBC口座が必要なのか?

過去に流行った香港金融視察ツアーに便乗して流れに身を任せて口座開設された方、海外資産運用の受け皿として口座開設をされた方に関しましては、HSBC口座は無くても大丈夫である可能性が高いです。

HSBC口座はどんどん複雑化してきており、これからもITを駆使してより高度なシステム開発が進んでいくことが予測されます。便利になる反面、ITが苦手な方にとっては使いにくくなる一方ではないかと思います。

海外資産運用の受け皿ということで口座開設をされた方について、フレンズプロビデントやその他オフショア系商品について、送金先を日本の口座を指定するができますのでわざわざHSBCを経由する必要はありません。

※香港保険にご契約されている方は維持した方がいいです。

「いやいや、日本に直接送金したら税金とられるでしょ・・・」という声が聞こえてきそうですが、現在、国際的にマネーロンダリング(脱税)防止に向けた取り組みが加速しており、オフショア系商品の資金をHSBCで受金したとしても、日本からHSBC口座を調べることは可能となっておりますので逃げることはできません。更にはオフショア投資先の保険会社でもTAX ID(マイナンバー)の確認が進んでおりますので、日本と紐付いてしまいます。HSBCを経由して日本に着金させて万が一ばれた場合、どのように税務署に証明するか考えてみてください。かなり面倒なことになることだけは安易に予測できると思います・・・

「じゃあセブン銀行で出金すればいいじゃん・・・」という声も聞こえてきそうです。現在、セブン銀行の1回あたりの出金限度額は10万円までとなっており、毎回、出金手数料がHSBCでHKD20、セブン銀行で110円がかかります。数回に分けて出金すれば1日に数十万円引き出すことは出来ますが、繰り返し出金をすると怪しい取引とみなされ、一時的に口座をロックされることがあります。また、毎回出金手数料もかかりますので馬鹿らしいです。また、繰り返しになりますが日本からHSBC口座は見れますのでコソコソやってもバレる可能性は十分にあります。

「オフショア投資の毎月の積立をしているので・・・」という声も聞こえてきそうです。オフショア投資はクレジットカード払いできることがほとんどなので上手にご利用ください。HSBCの残高が不足してきたら送金するなどの必要も無くなりますね。日本と海外が繋がってしまうことを懸念されている方は堂々と儲かった分については税金を払う覚悟をしましょう。※そもそも既に繋がっている・・・(^_^;)

日本の包囲網は既に世界に広がっておりますので逃げることを考えるのではなく、堂々と納税した上で儲かることを考えましょう。

「オフショア口座の受け皿は日本でも大丈夫」「日本居住者は納税義務がある」ということを踏まえてもう一度HSBC口座が必要かどうか考えてみましょう。HSBC口座を維持する必要がないとご判断された場合は、思い切って口座解約手続きを進めることも一つの選択肢かもしれません。

※海外口座は相続時に大変な問題になってしまいます。ご遺族の方に多大な迷惑をかけてしまう恐れがありますので時期を見て解約することも必要です。

とはいえ、せっかく香港までいって口座開設したからこれからも維持したいという方や、グローバル銀行の口座を今後も維持したいとお考えになられている方は、大変ですが上記の方法でセキュリティデバイス電池切れ問題を乗り越えましょう。

英語が苦手な方やITが苦手な方に関しましてサポートいたしますのでLINEにてご連絡ください。

お困りの際はLINEでお気軽にご連絡ください(^^♪

友だち追加