フレンズプロビデント 積立停止お手続き方法

フレンズプロビデントにご契約されているほとんどの方が25年満期で契約されていると思いますが、お積立を継続される中で収支の増減等によりお積立の継続が厳しくなることもあるのではないでしょうか?

普通の貯蓄型の保険商品であれば、設定した期間中に支払いを止めてしまうとプランが失効してしまいますが、フレンズプロビデントの商品はそんな環境の変化に強い商品設計となっており、お積立の停止、減額、一部引出しなどを自由に行うことができます。今回は、お積立の停止手続き方法について紹介いたします。

※IFAに運用を委託されている場合は報告するようにしましょう。

積立停止の種類

フレンズプロビデントでは下記の2種類の積立停止方法があります。

  1. 停止期間を定めて積立を停止する(プレミアムホリデー)
    設定した停止期間が終了すると自動的に積立が再開します。

  2. 停止期間を定めず積立を停止する(ペイドアップ)
    プラン再開手続きを行わない限り、満期まで積立は再開されません。

積立停止のデメリット

フレンズプロビデントでお積立されている資金は、お積立開始から18-24ヶ月分の積立分は『手数料口座』に分配され、それ以降は『運用口座』に分配されます。手数料口座には四半期に1度1.5%の手数料が取られる為、増えにくい口座となっており、一方、運用口座は手数料が少ないので運用効率が良い口座となっております。

お積立を停止した場合、運用は継続されますが、運用口座の資金割合が増えませんので早い段階で積立の停止を行うと、手数料負けしてしまい思うように時価総額を上昇させることができない可能性があります。もし、一部引出しできる全てを引出して積立を停止している場合は、手数料口座のみでの運用となりますので年間6%以上の運用をしないといけない計算となりますのでフレンズプロビデントで投資しているメリットはかなり薄くなってしまいます。積立の停止は計画的に行いましょう。

積立停止方法

積立の停止はFPIポータルサイトまたは書類で行うことができます。

ポータルサイトで積立を停止する

1.フレンズプロビデント社のポータルサイトにログイン

2."Details"をクリック

3."E – Transaction"の"Premium break"を選択

4."Proceed"を選択

5.積立停止期間と積立停止理由を選択して"Proceed"をクリック

停止期間は1ヶ月単位です。Indefinitelyを選択すると無期限の停止となります。

6.確認画面で問題なければ"Submit"を選択

これで積立の停止申請は完了です。

注)HSBC香港口座で定期送金設定をされている方は別途、銀行手続きが必要となります。

書類で積立を停止する

フレンズプロビデント社のサイトから書類をダウンロード

フレンズプロビデント社ホームページ書類リンク

積立停止書類の書き方

※全てローマ字英数で大文字ブロック体でご記入ください。

  1. Policy details(契約者情報)
    ・Policy number(s)・・・プラン番号を記入
    ・Title・・・該当する敬称にチェックを入れる
    ・Sumame・・・契約者のローマ字(姓)
    ・First name・・・契約者のローマ字(名)
    ・Contact telephone number・・・連絡先電話番号を入力

  2. Part 5 Premium holiday / Paid-upにチェックを入れる

    ・停止期間を定めて積立を停止する場合は"Premium holiday~"チェックを入れて12ヶ月以内で停止期間を記入
    ・無期限で積立を停止する場合は"Paid-up"にチェックを入れて積立停止日を記入

  3. 6ページ目のDeclarations
    ・"Signature(s)"に契約サインを記入
    ・"Date"にサイン日を記入

  4. 2ページ目以降の用紙右上の"Plicy number(s)"にプラン番号を記入

よくあるご質問

A. お手続きは可能ですが、そのまま積立再開せずに運用のみを継続した場合、投資が成功する可能性はほぼありません。もう一度、FPIを通じた投資目的を考えなおしてみましょう。

A. 確実な未来が分からない為、何が正解とは言い難いですが、個人的には時価総額が低くなった時が買いどころだと思いますのでむしろ買い込みます。時価総額が高いときや為替が良いときに停止したり引き出したりします。

A. 将来の利益が約束されている商品ではないので時期は予測することができません。私はトントンになるまで10年かかりました。場合によっては満期になってもトントンにならないこともあります。将来の利益が約束された商品をご希望される場合は貯蓄型の生命保険や元本確保型の投資信託が良いと思います。とはいえ、既に購入してしまい後戻りできない現実があると思います。これから数十年我慢し続けて運用を継続するより解約して受け取れるお金で有意義にご利用される方が良いと思います。


いかがでしたでしょうか?いつでも積立停止できるので安心感はありますが、フレンズプロビデントで成功したいのであればある程度積立を継続した方が良いです。積立の停止をされる場合は限定的もしくは、運用口座にある程度資金が貯まった後に実施しましょう。間違っても出せる全てを引き出して放置することだけはしないように・・・

お困りの際はLINEでお気軽にご連絡ください(^^♪

友だち追加