フレンズプロビデント ※解約する前にお読みください

退職後の資産形成、子どもの学資費用、その他いろいろな思いでオフショア投資を始められたかと思いますが、日が経てば経済状況も変わり、積立を継続できないということも発生してしまうと思います。しかし、解約という選択肢しかないのでしょうか?ご解約される前に是非お読みいただきたいです。


オフショア積立は後半からアジが出てくる

「あ~もう全然増えない」「プロが運用しているのになんで減るの?」「今解約してもお金が戻ってこないってどういうこと?」「将来どれくらい運用を継続したらトントンになるの?」いろんな不満の声が聞こえてきそうです。一つずついきたいと思います!!

「あ~もう全然増えない」

オフショア積立投資の醍醐味は「複利運用」です。これは日本の保険なども同じことが言えてオフショア投資に限ることではありません。保険の設計書を見ても後半の増え方の方が良くなっていることが多いのではないでしょうか?オフショア積立投資も基本的には同じ原理になります。後半になればなるほど運用効率が良くなりますのでまだ運用開始から10年未満の方はもう少し我慢してみてはいかがでしょうか。

運用型商品なのでプラス運用になるとは限りません。

「プロが運用しているのになんで減るの?」

これは私も同じ思いでした。運用開始からずっとマイナス運用で良くてトントンという運用が継続しており、プロが運用しているのに何で?と疑問に思うことが多くありました。プロの世界は結果が全てだと思いますので、運用に納得できないのであればすぐにIFAを変更した方が良いと思います。他のIFAと比較しつつ好きなIFAに運用を任せるようにしましょう。

「今解約してもお金が戻ってこないってどういうこと?」

初めの2年間分は運営費でフレンズプロビデントに上納しなければいけないとお考えいただいた方が良いです。

2年経過したあとにすぐに解約しようとしても、今からようやく自身の口座にお金が貯まり出すところなのでまだまだ引き出しして受け取れるのは先の話です。商品紹介元が予め説明していなかったのであれば親切じゃないですね、、、でも契約してしまったので仕方ないです。今からできる最善の手段を考えましょう。

「将来どれくらい運用を継続したらトントンになるの?」

まず、フレンズプロビデントの商品は確定利回りではないので確実に◯年を継続すれば入金額を上回るということはないのでご注意ください。私の場合ですと、入金額よりも解約金額が上回ったのは10年経過してからになりました。これは運用次第になると思いますが、10年以上は継続しないとトントンまで持っていくのはなかなか厳しいでしょう。

いろいろなオプションを駆使する

積立できない=解約とお考えになられていませんでしょうか?他にもたくさん手段があります。

積立額を減額する

減収により今の積立額を継続できない場合、月々のお積立額を減額することができます。プランによって異なりますが、月々250ドル~300ドルほどまで減額できて、収入が安定したら元の積立額まで戻すこともできます。長期プランとなりますので有効活用されることをおすすめします。

積立を一時停止する

積立を停止して運用のみ継続することができます。運用のみでも十分収益となる可能性がありますので程度運用口座に資金があるのであれば停止して運用するのもありです。※2年間積立をしてすぐに停止しているプランで運用のみで増益を狙うのは無理なのでやめたほうが良いです。

一部引き出す(出金・取り崩し)

運用口座から無料で引き出すことができます。今だけお金が必要ということで解約するのは勿体ないです。引出ししすぎると運用効率が悪くなりますが、計画的に引出しするのはありだと思います。

プランを第三者に譲渡する

現時点で運用実績がプラスだったとしても、解約手数料を差し引くとマイナス収支になってしまうなんてことがあると思います。その場合は、第三者に譲渡することをおすすめします。第三者に譲渡する際は自身で譲渡価格設定をして受け取り希望者が出ればご希望の金額で譲渡できます。


いかがでしたでしょうか?せっかく積み立てたお金を不安だけで解約するのは正直勿体ないです。今解約するともっと悲惨な状況になると思います。積立ファンドは長期間継続できた人しか勝てません。フレンズプロビデント社の養分とならないようにできれば商品について理解をしてしっかり利益を確保していってもらいたいです。

また、精神的な問題で解約したいというのではなく経済的な問題なのであれば、オプションを上手に駆使をしてできるだけ継続することを選んだほうが良いです。※引き出しできる全てを引き出して運用のみでどうにかしようとお考えの場合は早い段階でプランを譲渡をして現金化した方が利益かもしれません。

あなたの解約したい理由は「精神的問題」なのか?もしくは「経済的問題」なのか?あるいは両方なのか?を一旦整理して順番に解決していきましょう。

あわせて読みたい

もしわからないことやご相談があれば下記フォームよりご連絡ください。



HSBC香港、香港保険、オフショア積立等でお困り方はLINEでお気軽にお問い合わせください(^^♪

友だち追加