HSBC香港 口座が凍結した場合インターネットバンキングの表示はどのようになるのか?

インターネットバンキング凍結解除方法はこちら

HSBC香港口座は24ヶ月間、口座内の資金に動きがなかった場合、凍結してしまいますが、インターネットバンキングはどのような表示になるのでしょうか?今回は口座が凍結した場合、インターネットバンキングはどのような表示になってどこまで利用できるのかについて掲載いたします。

インターネットバンキングにログインできるのか?

当ブログに口座が凍結してしまっているということでお問い合わせをいただきましたので、まずはインターネットバンキングにログインできるか試してみました。ログインID、パスワード等の情報は辛うじてしわくちゃになった覚書が見つかり、ログインに成功しました。ログインした際の画面は下記の通りです。

画面には『You have to reactivate this account before operating it.』ということでインターネットバンキングをご利用される場合は有効化手続きを行うようにと記載されておりました。やはり凍結しているようですね。凍結している場合はお金の移動ができないのですが、残高の表記がありましたので試しにHKD SavingsからHKD Currentへの資金移動を試したところ・・・

やはり取引することができませんでした。続いてReactivateというボタンがありましたので試しに進んでみましたところ、セキュリティーデバイス画面へと移り、セキュリティーコードを入力すると・・・

口座を有効化することができず、電話するようにといった案内文章が表示されました。

やはり凍結解除するためにはHSBCに電話をするもしくは支店窓口に行く必要があるようです。

どうしても英語での問い合わせが苦手でできないという方がいらっしゃいましたら、私がお手伝いしますのでLINEでご連絡ください(^^♪

凍結解除手続き直後のインターネットバンキングの画面

電話で凍結解除手続きを進め、手続き完了後にインターネットバンキングを確認しましたところ、残高の表示が0.00になり、HKD Current及びHKD SavingsはBalance not availableと表記されて確認することができなくなっておりました。

もしはじめにログインしたときにこの状態だった場合はeステートメントで残高を確認できるかもしれませんのでお試しください。

HSBCに凍結解除で電話をした際に、最後に1営業日で口座が有効になるということでお知らせをもらいましたので明日には凍結解除が完了して残高が通常通り表示されるようになると思われます(^^)♪

※午後にお手続きを行うと完了まで2営業日かかるみたいです。




4/12更新 再度インターネットバンキング情報を確認しましたところ、Reactivateという表記が消えて資金移動なども問題なく行えるようになっておりました。


いかがでしたでしょうか?口座が凍結してしまうとほとんどの機能が使えなくなってしまいますが、個人情報の変更や残高確認はできますので凍結解除手続き前にお試しください。また、こちらの記事では凍結解除作業のスケジュール感も分かると思いますのでご参考にしていただけましたら幸いです。

HSBC香港、香港保険、オフショア積立等でお困り方はLINEでお気軽にお問い合わせください(^^♪

友だち追加