2021/2/10 フレンズプロビデントの運用結果

前回、2021/1/14に安全のために運用を一時的に中断しておりましたが、この1ヶ月間でどのような動きがあったのでしょうか?早速、フレンズプロビデント社の運用実績を紹介していきます。

運用トップ10(1ヶ月)

順位ファンド名運用利回り(%)
1位P33 Aberdeen Standard SICAV I All China Equity14.84
2位M55 Barings Hong Kong & China14.71
3位J55 HSBC Chinese Equity14.23
4位R25 Invesco Asia Opportunities Equity11.91
5位J95 JPMorgan Pacific Technology11.51
6位R98 Janus Henderson Horizon China Opportunities11.20
7位J56 HSBC Hong Kong Equity10.71
8位R44 Allianz Total Return Asian Equity10.60
9位J03 Barings Asia Growth10.54
10位P58 Templeton BRIC9.94
参照元:Morningstar

運用ワースト10(1ヶ月)

順位ファンド名運用利回り(%)
1位R69 DWS Noor Precious Metals Securities-7.36
2位M82 BlackRock World Gold-4.82
3位R16 FPIL European-4.38
4位J37 Schroder Latin American-4.22
5位J11 FPIL UK Index Tracker-3.73
6位P52 Templeton Latin America-3.67
7位P89 BNP Paribas Brazil Equity-3.09
8位P69 BlackRock Sustainable Energy-2.87
9位R70 Mellon Global Bond (GBP)-2.73
10位P47 Ninety One GS Global Energy-2.67
参照元:Morningstar

10%以上の運用利回りのファンドが続出しており、179ファンド中119ファンド(66%)が1ヶ月間でプラス運用ということでリスクオンでも大丈夫な1ヶ月間でした。特にアジア系のファンドが調子が良さそうでしたね!一方ワーストに入ったのは、やはりリスクオンだったせいか、金や貴金属系のファンドが上位2位を占めて、残りはイギリス、南アメリカ系、エネルギー系などが入っているようです。結果としてリスクオンでも大丈夫な1ヶ月間でしたが、昨年の11月からの伸びに比べると停滞感がありますので焦らず2~3月は様子を見たいと思っています。

ブラジルファンドとクリーンエネルギーファンドは先月ポートフォリオに組み込んでおりましたがいいタイミングで勝ち逃げできた結果となりました。クリーンエネルギーの下落について、チャートを見てみるとサポートラインでちゃんと下落が止まっていますので現段階では問題視することではありませんし、むしろバイデン氏も力を入れるということなのでせっかく下落しているし少しだけ買おうと思います。


いかがでしたでしょうか?私は昨年からの爆上げ後に利確をして本腰を入れた投資のタイミングを見計らっている状況ですが、皆様の運用はいかがでしょうか?是非、お考えなどをシェアしていただけましたら幸いです。

    お名前必須
    メールアドレス必須
    お電話番号任意
    お住まいのエリア任意
    お問い合わせ内容必須

    個人情報の取扱いについて、同意の上送信します。

    お困りの際はLINEでお気軽にご連絡ください(^^♪

    友だち追加