フレンズプロビデント Morningstarページの使い方

フレンズプロビデントの個人運用を進めるあたり、Morningstarのページは必ず必要と言えるページとなります。ファンドの選び方は人によって異なると思いますが、今回は投資したい選ぶポイントについて掲載いたします。

A. 現在、フレンズプロビデントで取り扱いをしているファンドは179種類あります。
※2020年12月30日現在

フレンズプロビデントのモーニングスターページはこちら

投資先ファンドの探し方

投資先の国で探す

投資先の国(地域)が決まっているのであれば、まずは投資したい国名で探しましょう。"Geographical regions"で選ぶことができます。好きな地域を選ぶと絞った179ファンドの中から絞った情報を検索することができます。

投資リスク面で探す

投資先の損益の幅(ボラティリティ)で選びたい場合は"Underlying SRRI"からお選びください。1~7の評価となっており、数字が大きくなるにつれて損益の幅が広がります。リスクを取ればプラスにもマイナスにも変動幅が大きくなるということですね。

投資先のテーマ別で探す

エネルギー、テクノロジー、不動産など、テーマ別で選択したい場合は"Sector"からお選びください。

投資カテゴリーから探す

アジアの株式、新興国株、債権、金などの投資カテゴリーから選択したい場合は"Global Category"からお選びください。

商品の名称やファンドコードから探す

こちらに直接ご入力いただき検索されてください。

投資先の選び方

運用実績、過去のユニット価格の値動き、ファンド構成内容を見て選択していきます。

運用実績の確認方法

1日~半年の実績で選びたい場合は、"Short Term Performance"、1年~10年の実績で選びたい場合は"Long Term Performance"をご選択ください。

更に各項目をクリックすると昇順、降順でソートできます。

気になるファンドが見つかったら詳細を確認

ファンドの名前をクリックするとチャートやファンド構成などの確認ができます。

ポートフォリオに組み込みたいファンドが見つかったらファンドコードをメモしてファンドスイッチングをする時にご入力ください。


いかがでしたでしょうか?フレンズプロビデントの個人運用はファンドの選び方が分からなければやりたくてもできません。フレンズプロビデント社のMorningstarページの使い方をマスターして雪だるま式に資産を増やしていきましょう。

HSBC香港、香港保険、オフショア積立等でお困り方はLINEでお気軽にお問い合わせください(^^♪

友だち追加