フレンズプロビデント 2021 バイデン政権ポートフォリオへ調整

1月20日のバイデン次期大統領の就任式を直前に控えておりますので、バイデン次期大統領が政策として進める予定としているクリーンエネルギーを中心としたポートフォリオに調整しました。

バイデン次期大統領の政策は、増税などで投資家にとって嬉しいニュースは少ないのですが、唯一クリーンエネルギーなどのインフラに1期目の4年間で2兆ドル(約214兆円)を投資すると環境政策を発表しております。4年間はクリーンエネルギーの流れに乗ることができそうなので、逆張りで投資していて少し利益が出ている再生不可エネルギーファンドとブラジルファンドの全てをクリーンエネルギー系のファンドに寄せることにしました。(これから爆上げしないことを願う・・・笑)

参照:ロイター

調整後のポートフォリオは下記の通りとなりました。

ファンド名
P69 BlackRock Sustainable Energy
J95 JPMorgan Pacific Technology
J96 Aberdeen Standard SICAV I Global Innovation Equity
L21 Pictet Global Environmental Opportunities
L39 Franklin Biotechnology Discovery

投資割合は、クリーンエネルギー30、地球環境30、テクノロジー(1)10、テクノロジー(2)5、バイオテクノロジー25くらいに調整しています。昨年に比べてだいぶ投資先を絞りました。また、青天井なテクノロジーファンドへの投資割合を減らしました。何か面白味がない組み合わせとなってしまいましたがいっときはこの組み合わせになると思います。

4年間のクリーンエネルギーボーナスタイムでどれほど資産を増やすことができるか楽しみですね。というかこれから地球規模でトレンド回避不可能な投資先なので、これから定年退職するまで一定割合ずっと保有しておくというのもありですね。

下記はピクテのホームページです。宜しければご覧ください。

参照:ピクテ投信投資顧問株式会社

100%クリーンエネルギー系のファンドに変えたいくらいの気持ちでしたが、やはりバイオテクノロジーはコロナ経済である間は入れておかないとと思いましたのでそのままにしました。

テクノロジー系も追加で買いたいのですが、フラッシュ的なクラッシュがやはり恐いので追加できませんでした。一時的な暴落が起こればすぐにバイオテクノロジーを売り払ってテクノロジーに全力で追加しようと思っています(笑)そろそろ利確したい人達がポツポツ出てくる・・出てきてほしいのですが買いの勢いがなかなか止まりませんね・・・今月末まで増え続けたら一旦全部売りですね(泣)

1月20日以降のファンドの値動きは要注意ですね!

HSBC香港、香港保険、オフショア積立等でお困り方はLINEでお気軽にお問い合わせください(^^♪

友だち追加